作品集

(著者アルファベット順)

戻る

「山屋他人 ある海軍大将の生涯」

 盛岡タイムス 藤井茂著 1800円

 皇太子妃の小和田雅子さんは、南部藩出身の山屋他人海軍大将のひ孫に当たる。筆 者が盛岡タイムスに百二十九回の連載に取り組んだきっかけは、平成五年の皇太子妃 内定のニュースだった。日本海軍切っての軍略家だった山屋他人は海軍大学校教官の ときに”円戦術”という画期的な艦隊戦術を編み出した。これが教え子の秋山真之に よって有名な”T字戦法”に高められ、日本海海戦でロシアのバルチック艦隊に大勝 する。(古澤襄共同通信社元常務理事1998・7・17)

「沢内農民の興亡 古澤元とその文学」

朝日書林 古澤襄著 1800円

 本書は元の長男襄氏が、古澤家の沢内村での歴史と、元の生い立ちと文学にかけた 三十九年の軌跡を追い、さらに元の評論とエッセーを掲載しながら文学事跡解明の手 掛かりとしている。遺作は二十八篇、その特徴は「農民」「東北の心」という。主張 しながら生きた元を知る書である。(岩手日報1998・4・27読書欄より)

「びしゃもんだて夜話 古澤元・真喜遺稿集」

 三信図書 古澤襄編 1500円

 題名となったびしゃもんだて夜話の一篇は、古澤元の二十四歳の時の処女作である 自叙伝的小説。満州事変直前の暗い社会的状況のなかで、純粋で若い魂が非合法左翼 運動にまっしぐらに飛びこんで行った心理過程がわかる。(読売新聞1982・5・ 24読書欄より)

「風の詩人 父上野壮夫とその時代」

朝日書林 堀江朋子著 1500円

 上野壮夫という、多才な、多才なるが故に、その恵まれた才智を、文学一筋に絞り 切れずに斃れた男の軌跡を辿ることで、筆者は、”時代”を浮揚させようと試みた。 堀江朋子。端正な文体を携えて、硬質な書き手が一人誕生した。(松元真元テレビ朝 日報道局長1997・6・1刊行に寄せてより)

「幻の碧き湖 古澤真喜の生涯」

筑摩書房 一ノ瀬綾著 1800円

 華やかでも、劇的でもない一女性を取り上げた異色の伝記小説だが、激動の昭和を ただいちずに生き抜いた姿は、感動を与えずにはおかない。「真喜の作品の質の高 さ、ひたむきさに驚く」と著者は言う。(信濃毎日新聞1992・5・10読書欄よ り)

「宮沢賢治の言葉 こころ」

勁文社 吉見正信著 1300円

 宮沢賢治の作品から珠玉の”言葉”を選び、その美しさ、愉しさ、優しさ、大き さ、悲しさ、大切さ、厳しさを豊富な資料を駆使して解説した貴重本。言葉の乱れに 見舞われている現代社会にとって、必見の警醒に書ともなった。(古澤襄共同通信社 元常務理事1998・7・17) 



カジカ文庫トップ | リンク集 | 読者ページ | ブログ | 歴史と神話 | 記事募集 | 代表 |
©1998-2010 KAJIKA BUNKO