危機の日本農業とその活路

志賀 節

かって河北文化賞を、岩手県住田町農業が受賞したことがあった。河北文化賞は東 北ブロック紙の雄「河北新報」の設立した賞だ。それ以来住田町農業が「住田型農 業」と呼ばれるようになった。

住田型農業とは何か。河北文化賞の受賞対象者となった農業とはどういうものなの か。
今は故人だが、住田町の農協の組合長や町長を歴任した佐熊博という勝れた人物と 親しかった関係もあって、私は住田町型農業の何たるかを多少知っている町外の一 人だと思う。

住田型農業の出現するまでの日本の農業は、公的機関から勧められる作目をほとんど 鵜呑みにしていた。自ら額に汗して農作物を作り、どの地域、どの時期が最も適して いるかなど、体験のない机上のプランナ−の言いなりになること自体、危険千万とい わなければならない。当然失敗をする。その尻を農林水産省に向ける。だからといっ て損失が補填されるわけでも何でもない。「農政はノ−政だ」と罵るのが関の山だ。 その反省に立って住田型農業が誕生したのだといってよいと思う。


「住田型農業」とは何か


たとえば公的機関が住田町に特定の作物の生産を奨励してくる。ところが住田町はこ れを鵜呑みにはしない。農・林・商工の三団体の代表が一同に会してその是非を検討 する。その結果、キユウリが選ばれたとする。生鮮野菜の一品目として出荷する数量 と漬物として出荷する数量とを計算のうえ、生産する。併せて漬物用のビニ−ル袋や プラスチック製の容器が用意される−こういった具合なのだ。

他から押しつけられるのではなくて、検討の結果、何が最適の産物であるかを知って 始めただけに、事業の推進には殊更力が入る。これこそ、これからの日本農業の進路 として、大きな示唆を与えてくれるものではないかと考える。

ただこのような動きが全国的になった場合、生産物に過剰と過少の出ることは充分予 想される。そのような場合にこそ、公的機関すなわち農林水産省が適切な調整を果た す役割を担うべきなのだ。

農民の生産意欲を殺がず高めるために、何としても自主性、自発性を尊重することだ。 そのためには生産者の希望作目について、第一から第三くらいまでの希望を書いても らい、極力、第一希望を叶えるようにはするものの、それが何らかの理由で叶えられ ない場合に備えておくのだ。日本農業の在り方を、このように生産者の自主性、自発 性を最大限に尊重していくのが喫緊事だと私は考える。

つぎに大切なことは、農林漁業が環境保全に大きな役割を果たしている点を、深く認 識することだ。環境保全のための対価ないし経済面の評価を、農林水産業に折込むべ きだとする意見に私は賛成だ。だだその価格の割り出しや計算式が、大方の合意と納 得を得るまでには、時間的な経過を必要とするように思われる。問題は、その時間的 な経過を待っていられるほどに、日本農業には余裕があるだろうかということだ。

細川内閣以降、コメの自由化が始まった。減反も、自由化と共に国際的な協約になっ た。コメ生産を中心にしてきた日本農業は、これではひとたまりもない。日本の米価 はアメリカと比べても7倍、タイと比べるなら10倍といわれる。

ボクシング、レスリング、柔道といった、いわば国際的にも市民権を得ている競技は、 重量級別に仕分けされて、同一重量級でなければ闘えないことは周知の事実だ。そし て、そのことを誰もが不思議としない。これをコメにたとえていえば、ヘビ−ウエイ ト級とフライ級のコメを同一リング上で闘わせたらおかしくないか、ということなの だ。これが真に「自由化」の名に価するのだろうか。

日本農業の衰退を如実に示すものは、人口の過疎化だ。それは農村に限られたことで はない。地方の中小都市にも当てはまる。目抜き通りでも、ゴ−ストタウンを髱髴と させる光景が現出している。かって活気が漲っていた町並みが、死んだようになって いる。それもそのはず、中小都市は外延部に行くにつれて、農林漁業の地域になって 行くから、農林漁業が衰えれば、就業人口が減少するのは当然なのだ。 今こそ、日 本農業は発想の転換をしなければならない。農業が人間の胃の腑を満たす物を生産す るのみではないことに、着目する必要がある。私は花卉生産を声を大にして主張した い。


有望な花卉生産


日本国内の花の需要は、なぜか不祝儀用が圧倒的だ。この傾向は都市から地方に行く ほど顕著のように見受けられる。おそらく家族間でさえ、おめでとうといいながら花 を渡す例は寥々たるものなのだ。しかし日本人の服装といわず生活様式といわず、い ちいち例をあげるまでもなく結局、欧米化の途を辿ることは歴史が示している。花に ついても、遅かれ早かれ不祝儀用だけでなく花全体の需要が大きく伸びるはずなのだ。 また花卉産業は、雰囲気的にも農村の嫁不足解消に役立つかもしれない。

通信機器の発達と普及によって、情報が臨時に伝達されるようになった。花の市場価 格をにらみながら売買したり、指し値を入れたりして、生産者の才覚の発揮できる御 時世になった。ここまでくれば、オランダのような国際花卉市場を日本に開設するこ とも夢ではない。国家が発展段階に登って行くにつれて、花の需要は増大するという。 そうであるならば、アジアは花の一大市場となるだろう。

花卉農業は、しかし環境保全の経済価値が日本の農業に折り込まれるまでのいわばツ ナギだ。農業の根幹は、完全に平和な国際環境が整うまで、やはり食料の自給自足が 目標だからだ。