断層が動く地震で日本最大の大断層系・中央構造線  古澤襄


先月22日の長野県北部を震源とする地震で断層系と地震の因果関係をあらためて知った。専門家は糸魚川静岡構造線(糸静線)の北部で断層が動いたと指摘している。

アルプスの沿って日本中央部を縦断する糸魚川静岡構造線のことは、かねてから地震と断層に関心を持つ者には知られていたが、この断層系が一斉に動くのは歴史上ないとして私たちは軽くみる傾向があるのではないか。

日本列島で関東から九州へ連なる最大の大断層系・中央構造線のことも一般にはあまり知られていない。しかしウイキペデイアによると、有史以来、この中央構造線の線上でマグニチュード7・0クラスの大地震が発生している。もちろん関東から九州へ連なる大断層系が一斉に動くことはなかった。

しかし私たちは学説上のこととして片づけずに、基礎知識として中央構造線のことを知っておく必要があるのではないか。日本列島を縦断する糸魚川静岡構造線の北部で断層が動いたことは、将来、列島横断の大断層系・中央構造線でも断層が動く可能性を示唆している。

とくに慶長年間の1596年に発生したマグニチュード7・0の慶長伊予国地震は、3日後に豊予海峡を挟んで対岸の大分でマグニチュード7・0~7・8慶長豊後地震に波及し、さらに翌日にマグニチュード7・0~7・1の慶長伏見大地震となっている。広域型の連動型地震の怖ろしさは言うまでもない。

20世紀以降、中央構造線で発生した地震は6件。

1916年(大正5年) 新居浜付近 – M 5.7
1916年(大正5年) 熊本県中部 – M 6.3
1975年(昭和50年) 阿蘇北部 – M 6.1
1975年(昭和50年) 大分県中部 – M 6.4
1979年(昭和54年)7月13日 伊予灘 – M 6.1
1983年(昭和58年)3月16日 静岡県西部 – M 5.9

やはり中央構造線上で断層が動くとマグニチュード6~7クラスの大地震が発生しているから軽視するのは禁物である。

(中央構造線・大断層系の概要)

■関東から九州へ、西南日本を縦断する大断層系で、1885年(明治18年)にハインリッヒ・エドムント・ナウマンにより命名される。中央構造線を境に北側を西南日本内帯、南側を西南日本外帯と呼んで区別している。一部は活断層である。

構造線に直接接している岩石は、内帯側はジュラ紀の付加複合体が白亜紀に高温低圧型変成を受けた領家変成帯、外帯側は白亜紀に低温高圧型変成を受けた三波川変成帯である。

領家変成帯には、白亜紀の花崗岩も大量に見られる。高温低圧型の領家変成帯と低温高圧型の三波川変成帯は、白亜紀の変成当時は離れて存在していたはずだが、中央構造線の活動により大きくずれ動いて接するようになった。

糸魚川静岡構造線(糸静線)より東のフォッサマグナ地域では、フォッサマグナの海を埋めた新第三紀の堆積岩に覆われているが、第四紀に大きく隆起している関東山地では古第三紀以前の基盤岩が露出し、その北縁の群馬県下仁田町に中央構造線が露出している。

関東平野では新第三紀や第四紀の地層に覆われている。九州中部でも新第三紀後期以後の火山岩や阿蘇山をはじめとする現在の火山におおわれている。近畿南部から四国にかけては、中央構造線に沿って約360kmにわたり活動度の高い活断層(中央構造線断層帯)が見られ、要注意断層のひとつとされている。

■地震活動との関連=歴史時代以降の活動歴は、地震が活発な地域と比較すると少ないが、下記の様なマグニチュード(以下M)6 – 7クラスの地震が発生している。

■中央構造線断層帯=特に注目されている部分は、中央構造線断層帯として過去の活動時期の違いなどから、全体が6つの区間に分けられている。なお、糸魚川静岡構造線より東の地域での構造線の位置と太平洋まで延長するのかなど複数の見解があり、定まっていない。

1. 金剛山地東縁

金剛山地東縁の奈良県香芝市から五條市付近までの区間

最新の活動:約2,000年前以後、4世紀以前
平均活動間隔:約2,000~14,000年
1回のずれの量:1m程度(上下成分)

2. 和泉山脈南縁

和泉山脈南縁の奈良県五條市から和歌山市付近に至る区間

最新の活動:7世紀以後、9世紀以前
平均活動間隔:約1,10~?2,300年
1回のずれの量:4m程度(右横ずれ成分)

3. 紀淡海峡-鳴門海峡

和歌山市付近ないしその西側の紀淡海峡から鳴門海峡に至る区間

最新の活動:約3,100年前以後、約2,600年前以前
1回のずれの量:不明

4. 讃岐山脈南縁-石鎚山脈北縁東部

石鎚断層及びこれより東側の区間

最新の活動:16世紀
1回のずれの量:6-7m程度(右横ずれ成分)

5. 石鎚山脈北縁(岡村断層)

石鎚山脈北縁の岡村断層からなる区間

最新の活動:16世紀
1回のずれの量:6m程度(右横ずれ成分)

6. 石鎚山脈北縁西部-伊予灘

石鎚山脈北縁西部の川上断層から伊予灘の佐田岬北西沖に至る区間

最新の活動:16世紀
平均活動間隔:約1,000~2,900年
1回のずれの量:2-3m程度(右横ずれ成分)

■近世以前

715年 三河国・遠江国 – M 6.5 – 7.5

■慶長伊予・豊後・伏見地震(連動型地震を参照)

1596年9月1日、愛媛の中央構造線・川上断層セグメント内(震源については諸説ある)で慶長伊予地震(慶長伊予国地震)(M 7.0)が発生。3日後の9月4日には、豊予海峡を挟んで対岸の大分で慶長豊後地震(別府湾地震)(M 7.0~7.8)が発生。 豊後地震の震源とされる別府湾-日出生断層帯は、中央構造線と連続あるいは交差している可能性がある。さらにその翌日の9月5日、これらの地震に誘発されたと考えられる慶長伏見地震(慶長伏見大地震)(M 7.0~7.1)が京都で発生。有馬-高槻断層帯、或いは六甲-淡路断層帯における地震とみられる。

■近世・近代

1619年(元和5年) 八代 – M 6.0
1649年(慶安2年)3月13日 伊予灘 – M 7.0
1703年(元禄16年) 大分湯布院 – M 6.5
1718年(元禄16年) 三河、伊那遠山谷 – M 7.0
1723年(享保3年) 肥後 – M 6.5
1725年(享保10年) 高遠・諏訪 – M6.0~6.5
1889年(明治22年) 熊本 – M 6.3
1894年(明治27年)・1895年(明治28年) 阿蘇 – M 6.3
1895年(明治28年)1月18日 茨城県南部 – M 7.2

■20世紀以降

1916年(大正5年) 新居浜付近 – M 5.7
1916年(大正5年) 熊本県中部 – M 6.3
1975年(昭和50年) 阿蘇北部 – M 6.1
1975年(昭和50年) 大分県中部 – M 6.4
1979年(昭和54年)7月13日 伊予灘 – M 6.1
1983年(昭和58年)3月16日 静岡県西部 –

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.