Archive for the ‘モンゴルの歴史と神話’ Category

異民族が支那本土を支配したのは元王朝と清王朝   古沢襄

日曜日, 7月 19th, 2015

北アジアの異民族が万里の長城を越えて漢民族を蹴散らし、支那本土を支配したのは元王朝と清王朝の二例であろう。

元王朝について言えば、少数の蒙古族が圧倒的多数の漢民族を支配できたのは武力だけではない。巧みな民族分断の支配政治を行っている。

(さらに…)

支那シリーズ 支那三十都市からアクセス   古沢襄

金曜日, 7月 17th, 2015

支那シリーズを書きだしたら、支那三十都市からアクセスしてきた。七月十四日のブログ・トップ10で私の「①漢の皇帝劉邦が怖れた北アジアの匈奴 古沢襄」がトップで読まれている。

(さらに…)

漢の皇帝劉邦が怖れた北アジアの匈奴   古沢襄

火曜日, 7月 14th, 2015

日本ではモンゴル帝国のジンギス汗のことは、よく知られているが、漢王朝を震撼させた匈奴の冒頓単于のことは、ほとんど知られていない。

紀元前200年のことだが、北方の匈奴は丁零、高車など北アジアのトルコ系遊牧国家を服属させて、南の太原に侵入してきた。

(さらに…)

古代トルコ民族に伝わる「狼祖神話」  古沢襄

火曜日, 7月 14th, 2015

支那上古史を惹かれて黄河流域の漢民族について考えているうちに、その黄河流域を取り囲む周辺にオリエント文明の影響を受けた古代トルコ民族の末裔が作った国家群があったことを知った。

(さらに…)

漢字の起源を探る 黄河流域の漢民族文化   古沢襄

月曜日, 7月 13th, 2015

古代文明は文字の使用によって歴史が伝えられ、王朝の栄枯盛衰を知ることができる。支那上古史で考古学的に実在が確認されている中国最古の王朝を「殷(いん)」といったが、漢字が系統的な文字になるのは、紀元前16世紀の殷(商)の時代だといわれる。

(さらに…)

豚が羊に勝った清国と元王朝のお話    古沢襄

金曜日, 2月 6th, 2015

■イスラム教徒は豚肉を食べないというが・・

イスラム教徒は豚肉を食べない。その話でジンギス汗が金国(女真族)を攻めた時に「女真族は豚を食う」とモンゴル騎兵が蔑視したことを思い出した。

(さらに…)

「“中韓に期待”外交」の愚    古沢襄

月曜日, 2月 2nd, 2015

■日本の「行くべき道」は神話に学ぼう

初詣。手水舎で手や口をすすぐ。左手から右手、そして口の順で、さらに左手を清め、柄杓の柄を洗い流して元に戻す。

(さらに…)

古代史には推理小説を読み解く楽しさ   古沢襄

金曜日, 1月 2nd, 2015

司馬遼太郎は代表作「坂の上の雲」や「菜の花の沖」書きながら”北アジア史的なもの”を考え続けている。それが「ロシアについて 北方の原形」の作品になった。

(さらに…)

聡明で誇り高きブリヤート娘たち(再掲)   古沢襄

金曜日, 1月 2nd, 2015

日本人の遺伝子には北方系と南方系の「二重構造モデル」がみられるという。日本犬の遺伝子にも「二重構造モデル」があるというのは興味深い。およそ一億二〇〇〇年から一億三〇〇〇年前にシベリアのバイカル湖周辺にあったブリヤート人が地続きのサハリン、北海道を渡って日本にやってきた。その数は七〇〇〇人前後という推定値がある。

(さらに…)

シベリアのアンガラ河畔で出会ったブリヤート    古澤襄

金曜日, 1月 2nd, 2015

元旦から孫とワインを飲んで、いささか酩酊した。一眠りしたら夢の中にシベリアのイルクーツクに流れるアンガラ河という大河が出てきた。

河畔を散策していたらイルクーツ大学の女子学生に出会ったので、写真を撮らせてと所望したらポーズまでとってくれた。ロシア人の多くは人が良い。

(さらに…)

古代トルコ民族の”言い伝え”・狼祖神話  古沢襄

月曜日, 12月 30th, 2013

司馬遼太郎は代表作「坂の上の雲」や「菜の花の沖」書きながら”北アジア史的なもの”を考え続けている。それが「ロシアについて 北方の原形」の作品になった。

(さらに…)

草原の民・古代トルコ民族の足跡  古沢襄

日曜日, 12月 29th, 2013

戦前の日本は「東洋史」というと「支那史」一色だった。そんな中でインド史やモンゴル史さらには北アジア史を含めた広い意味での「東洋史」を模索した学究がいた。

(さらに…)

神話は民族の”出でき始め”の物語   古澤襄

水曜日, 5月 1st, 2013

古代神話を歴史書として読むと、史実とは思えない隘路に迷い込む。だがその民族の”出でき始め”の物語として読むと、これほど魅力ある説話はまたとない。ギリシャの神々をうたった「ギリシャ神話」は西欧文学の出でき始めの親なのである。

(さらに…)

ツングースの扶余族が大和国家を創った?  古沢襄

月曜日, 5月 2nd, 2011

古代の四世紀は空白だと歴史に関心を持つ人たちはよく言う。北アジア史にしか関心がなかった頃だから聞き流してきた。そんな私をみて「これを読んでみろ」と渡されたのが松本清張氏の「空白の世紀」。だが小説家が書く歴史物なのだから、パラパラとめくって放っておいた。

(さらに…)

消えた「獣祖神話」と残った「感精神話」 古沢襄

金曜日, 4月 1st, 2011

初めてシベリアのバイカル湖を訪れて10年以上の歳月が去った。その時に通訳についてくれたのがイルクーツク大学日本語学科の女子学生だった。長身で涼しげな目をしたブリヤート娘だったが、聡明で誇り高き性格に惹かれた。

(さらに…)

サソリ王妃に刺されたジンギス汗 古沢襄

土曜日, 5月 15th, 2010

北アジア史に興味があった私は、「蒙古源流」に出てくるグルベルジン・カトウンという美妃の悲話に心を惹かれる。グルベルジン・カトウンは別名でサソリ妃、シルクロードの要衝の地で、交易で栄えた西夏の王妃であった。

(さらに…)

無礼に怒った鎌倉武士の面目 古沢襄

木曜日, 3月 4th, 2010

日本の中世史で興味を惹かれるのは、朝敵・逆賊といわれた足利尊氏が開いた室町幕府である。この時代に中国大陸や朝鮮半島との交流が顕著となって、華麗な室町文化が花開いている。さらには、その前史となる鎌倉幕府とくに北条執権時代が面白い。

(さらに…)