Archive for the ‘中国の歴史と神話’ Category

異民族が支那本土を支配したのは元王朝と清王朝   古沢襄

日曜日, 7月 19th, 2015

北アジアの異民族が万里の長城を越えて漢民族を蹴散らし、支那本土を支配したのは元王朝と清王朝の二例であろう。

元王朝について言えば、少数の蒙古族が圧倒的多数の漢民族を支配できたのは武力だけではない。巧みな民族分断の支配政治を行っている。

(さらに…)

支那シリーズ 支那三十都市からアクセス   古沢襄

金曜日, 7月 17th, 2015

支那シリーズを書きだしたら、支那三十都市からアクセスしてきた。七月十四日のブログ・トップ10で私の「①漢の皇帝劉邦が怖れた北アジアの匈奴 古沢襄」がトップで読まれている。

(さらに…)

漢の皇帝劉邦が怖れた北アジアの匈奴   古沢襄

火曜日, 7月 14th, 2015

日本ではモンゴル帝国のジンギス汗のことは、よく知られているが、漢王朝を震撼させた匈奴の冒頓単于のことは、ほとんど知られていない。

紀元前200年のことだが、北方の匈奴は丁零、高車など北アジアのトルコ系遊牧国家を服属させて、南の太原に侵入してきた。

(さらに…)

古代トルコ民族に伝わる「狼祖神話」  古沢襄

火曜日, 7月 14th, 2015

支那上古史を惹かれて黄河流域の漢民族について考えているうちに、その黄河流域を取り囲む周辺にオリエント文明の影響を受けた古代トルコ民族の末裔が作った国家群があったことを知った。

(さらに…)

漢字の起源を探る 黄河流域の漢民族文化   古沢襄

月曜日, 7月 13th, 2015

古代文明は文字の使用によって歴史が伝えられ、王朝の栄枯盛衰を知ることができる。支那上古史で考古学的に実在が確認されている中国最古の王朝を「殷(いん)」といったが、漢字が系統的な文字になるのは、紀元前16世紀の殷(商)の時代だといわれる。

(さらに…)

支那共産党には興味がないが、黄河古伝説には惹かれる   古沢襄

日曜日, 7月 12th, 2015

私が専攻したのは、清朝末期の支那社会と山東省に入ったドイツ人宣教師の虐殺という特殊なテーマだった。

何でこんな特殊なテーマにとりつかれたか?といえば、それなりの理由がある。このテーマで83歳になった今ででも関連資料の山を読んでは一人で楽しんでいる。

(さらに…)

中国の「犬肉祭り」に思うこと   古沢襄

金曜日, 7月 3rd, 2015

■ロイター・コラムでKim Kyung-Hoon氏が伝えた中国玉林市の犬肉レストラン

[玉林(中国)25日 ロイター]ハンマーで殴られて気絶させられ、絞め殺される犬たち。その後、丸焼きにされ、吊るされた状態で店頭などに並ぶ。この光景は、中国南部の広西チワン族自治区玉林市では、夏の「風物詩」となっている。

(さらに…)

豚が羊に勝った清国と元王朝のお話    古沢襄

金曜日, 2月 6th, 2015

■イスラム教徒は豚肉を食べないというが・・

イスラム教徒は豚肉を食べない。その話でジンギス汗が金国(女真族)を攻めた時に「女真族は豚を食う」とモンゴル騎兵が蔑視したことを思い出した。

(さらに…)

「“中韓に期待”外交」の愚    古沢襄

月曜日, 2月 2nd, 2015

■日本の「行くべき道」は神話に学ぼう

初詣。手水舎で手や口をすすぐ。左手から右手、そして口の順で、さらに左手を清め、柄杓の柄を洗い流して元に戻す。

(さらに…)

日本のアニメ「戦艦ヤマト」や「戦士ガンダム」に影響を受けたのはロシアでは?    宮崎正弘

月曜日, 1月 5th, 2015

■ロシア陸海空軍が続々とロボット兵器を開発、近く実戦配備か

ロシアが「ロボット(軍事技術転用)研究所」を設立したのは2013年ごろとされる。

(さらに…)

「カーターの戦慄」と北朝鮮の核兵器保有    古澤襄

日曜日, 1月 4th, 2015

アメリカの大統領が持つ権限は日本の首相とは違って絶対・無二のものである。外交・安全保障政策にズブ素の無名の地方州知事がホワイトハウス入りし、アメリカの不利益ひいては世界の安全保障に深刻な影響を与えようとしたらどうなるか。

(さらに…)

古代史には推理小説を読み解く楽しさ   古沢襄

金曜日, 1月 2nd, 2015

司馬遼太郎は代表作「坂の上の雲」や「菜の花の沖」書きながら”北アジア史的なもの”を考え続けている。それが「ロシアについて 北方の原形」の作品になった。

(さらに…)

聡明で誇り高きブリヤート娘たち(再掲)   古沢襄

金曜日, 1月 2nd, 2015

日本人の遺伝子には北方系と南方系の「二重構造モデル」がみられるという。日本犬の遺伝子にも「二重構造モデル」があるというのは興味深い。およそ一億二〇〇〇年から一億三〇〇〇年前にシベリアのバイカル湖周辺にあったブリヤート人が地続きのサハリン、北海道を渡って日本にやってきた。その数は七〇〇〇人前後という推定値がある。

(さらに…)

シベリアのアンガラ河畔で出会ったブリヤート    古澤襄

金曜日, 1月 2nd, 2015

元旦から孫とワインを飲んで、いささか酩酊した。一眠りしたら夢の中にシベリアのイルクーツクに流れるアンガラ河という大河が出てきた。

河畔を散策していたらイルクーツ大学の女子学生に出会ったので、写真を撮らせてと所望したらポーズまでとってくれた。ロシア人の多くは人が良い。

(さらに…)

西郷隆盛と藤田東湖    古澤襄

木曜日, 1月 1st, 2015

「先輩としては藤田東湖、同輩としては橋本左内、ともにわしの最も尊敬した人である」・・西郷隆盛が遺した言葉である。西郷は安政元年(1854)4月10日に江戸・小石川の水戸藩邸に東湖を訪れている。

(さらに…)

書評 「日本人の百年戦争」    宮崎正弘

日曜日, 9月 14th, 2014

<<坂本大典『日本人の百年戦争』(展転社)>>

この本はペリー来航以来、日本が戦ってきた外圧、とくに薩英戦争、馬関戦争を経て、初の対外戦争である日清・日露、そして第一次世界大戦から満州事変、日支事変から大東亜戦争へといたる、まさに「百年」の戦争を活写する。

(さらに…)

対ロ制裁が告げるグローバル化の終焉    古澤襄

土曜日, 8月 23rd, 2014

■ロイター・コラムでMark Leonard氏が予測

[30日 ロイター]欧州連合(EU)と米国がロシアに対する制裁を強化する一方、それに対するプーチン大統領の報復措置には、米外食大手マクドナルドへの攻撃も含まれるようだ。地政学が経済のグローバル化を逆行させる例として、これ以上象徴的な動きはないだろう。

(さらに…)

古代朝鮮の統一王朝は新羅なのか   古沢襄

金曜日, 1月 3rd, 2014

韓国の歴史学会は古代朝鮮の統一王朝は新羅だとしている。ところが高句麗の末裔をもって任じている北朝鮮は高句麗・高麗国が最初の統一王朝だと主張して譲らない。

(さらに…)

「日本的なもの」の再認識は当然の帰結  古沢襄

水曜日, 1月 1st, 2014

日本人が2000年の歴史を持つ伝統文化に回帰するのは単なる懐古主義ではないし、偏狭なナショナリズムでもない。

敗戦で失われた「日本的なもの」を再認識しているのは当然のことである。

(さらに…)

古代トルコ民族の”言い伝え”・狼祖神話  古沢襄

月曜日, 12月 30th, 2013

司馬遼太郎は代表作「坂の上の雲」や「菜の花の沖」書きながら”北アジア史的なもの”を考え続けている。それが「ロシアについて 北方の原形」の作品になった。

(さらに…)

アジアにおける”事大主義”の歴史   古澤襄

日曜日, 12月 22nd, 2013

■小国の智恵といわれるが、亡国の自己保身

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に事大主義(じだいしゅぎ)の外交政策が詳しく述べられている。事大主義は、大に事(つか)えるという考えと行動を表す語。外交政策の1つでもあるという。

(さらに…)

北一輝から贈られた日本人形   古澤襄

月曜日, 11月 18th, 2013

北一輝から贈られた日本人形が八十三年の歳月を経てわが家の床の間に飾られている。この人形は昭和五年に生まれた姪の誕生を祝って北一輝が贈ってきたものである。その姪・・私にとっては義理の姉に当たるが、先月の二十五日にガンで亡くなった。

(さらに…)

もう一つの「辻政信論」   古澤襄

月曜日, 11月 4th, 2013

六年前の春、「戦後秘史・服部卓四郎と辻政信」を書いた。”作戦の神様”服部卓四郎氏とは面識がなかったが、辻政信・参院議員とは国会の参院議員食堂でよく飯を食った。サンデー毎日に連載した「「潜行三千里」で一躍時代の寵児となった辻政信だったが、私が知る頃は時代の寵児のメッキが剥げてメデイアも相手にしない老人の姿を曝していた。

(さらに…)

書評『蒋介石の密使 辻政信』   宮崎正弘

月曜日, 11月 4th, 2013

蒋介石の「以徳報恩」なる世紀の欺瞞と親日家ぶる演出はなぜ生まれたのか。気絶するほどの欺瞞、偽善、悪魔の詐欺師は某参謀に共通した・・・。

(さらに…)

ロシア原油の輸入で遅れをとる日本   古澤襄

木曜日, 10月 31st, 2013

「シベリア・タイシェットと太平洋パイプライン」がトップ記事で読まれている。最近の太平洋パイプラインのことを記事化したものではない。過去形の記事が何故、読者の関心を呼んでいるのだろうか。

(さらに…)

シベリア・タイシェットと太平洋パイプライン   古澤襄

木曜日, 10月 31st, 2013

安倍晋三首相が来年2月のロシア・ソチ冬季五輪大会に合わせて訪露し、プーチン大統領と首脳会談を行う方向で最終調整に入ったという。

首相訪ロによって日ロ間の最大課題である北方領土問題が一気に解決する状況にはなっていないが、良好な日ロ関係を背景にして日ロ平和条約の締結に向け首脳間の話し合いをして欲しい。

(さらに…)

隘路に迷い込んだ朴槿恵大統領   古澤襄

月曜日, 10月 7th, 2013

七年前に朴槿恵氏のことを書いたことがある。いずれ韓国の女性・初代大統領になると予見したからである。反日の盧武鉉大統領に比して朴槿恵は反日色が薄かった。

(さらに…)

歴史が示す空母建艦競争の愚かさ 古澤襄

土曜日, 10月 5th, 2013

世界はかつて海軍力の増強、建艦競争に狂奔した時代がある。第一次世界大戦がドイツの敗北で終結し、世界に平和が訪れると思ったのもつかの間、アメリカは超弩級戦艦16隻の建造計画に着手した。

(さらに…)

”手錠をかけられたまま”の中国の民主化  古澤襄

木曜日, 9月 26th, 2013

2009年に杜父魚ブログに掲載された平井修一氏の「”国家の虜囚”趙紫陽の秘密記録」が、いまでも広く読まれている。英ロイターが趙紫陽回顧録「Prisoner of the State」の存在を報じたが、平井氏は「Prisoner of the State」の英語版を翻訳して要点を「頂門の一針」と「杜父魚ブログ」に掲載している。

(さらに…)

極東に咲いた世界の花、江戸    加瀬英明

金曜日, 7月 12th, 2013

 1 極東に咲いた江戸の花
みなさん、こんにちは。今日は江戸時代の話をこれから進めていきます。

しばらく前に、江戸開府400年という年がめぐってきました。ご記憶の方もおいでかもしれません。江戸時代には、伊勢神宮は例外として、いちばん大事な神社といいますと、日光東照宮でした。徳川家康公の御霊をお祀りしているところです。全国に東照宮は40ほどあります。東京は上野に上野の東照宮があります。東照宮連合会がありますが、江戸開府400年を記念して事業を行おうということから、江戸研究学会をつくるということになって、私が以前から江戸時代が世界でもっとも素晴らしい時代だったということを書いたり、話したりしていた関係から、会長を引き受けております。

(さらに…)

野中発言は「売国的」だ  渡部亮次郎

木曜日, 6月 6th, 2013

野中広務元官房長官が、中国共産党幹部との会談で、1972年の日中国交正常化交渉の際、当時の田中角栄首相と中国の周恩来首相との間で、沖県・尖閣諸島について「領土問題棚上げで合意していた」と発言して問題なっている。

(さらに…)

松本重治氏の「上海時代」を読み返す  古澤襄

水曜日, 5月 29th, 2013

日米戦争を教科書でしか知らない戦後世代が大部分なのだが、アメリカは「太平洋戦争」といい日本は「大東亜戦争」と称した。しかし、本当のところは支那大陸という巨大市場をめぐる日本と英米との衝突というのが歴史的に正しい。

(さらに…)

中国とツナミで気力を取り戻した日本  古澤襄

火曜日, 5月 14th, 2013

この20年間、日本はバブル崩壊後の沈滞と閉塞感に閉ざされていた。国内的には財政赤字を減らす健全財政が合い言葉になり、外交的には中国や韓国を刺激しない自虐史観に沈殿してきた。言うなら臆病なくらい安全運転のソロソロ歩きに徹してきた。

(さらに…)

習近平は清朝の「乾隆帝」と英国誌  宮崎正弘

月曜日, 5月 6th, 2013

習近平を「乾隆帝」になぞらえる英誌『エコノミスト』。英国が誇る聡明リベラル媒体も北京に阿ると分析が鈍るのか?

英誌『エコノミスト』(2013年5月4日号)の表紙は、乾隆帝の豪華な服装を着て右手にシャンペン、左手に子供のピロピロ笛(吹き戻し)を持つ習近平皇帝。

(さらに…)

日本の外交攻勢に焦る中国   古澤襄

木曜日, 5月 2nd, 2013

中国が日米・日ロ離間策に狂奔している。その尻馬に乗っているのが韓国、遠吠えしているのが北朝鮮という構図がみえる。

ゴールデンウイークというのに安倍政権の主な閣僚は外遊・・・といっても海外見物に出掛けているのではない。安倍首相はロシア訪問に続いてサウジなど中東各国に親善の旅をしている。

(さらに…)

神話は民族の”出でき始め”の物語   古澤襄

水曜日, 5月 1st, 2013

古代神話を歴史書として読むと、史実とは思えない隘路に迷い込む。だがその民族の”出でき始め”の物語として読むと、これほど魅力ある説話はまたとない。ギリシャの神々をうたった「ギリシャ神話」は西欧文学の出でき始めの親なのである。

(さらに…)

「内には妖婦を信じ」と唐碑に刻まれた百済王妃  古澤襄

金曜日, 4月 26th, 2013

「日本書紀」巻26の「天豐財重日足?天皇 齊明天皇」の項に次の記述がある。日本の古代国家の形成過程で朝鮮半島の「百濟(百済=くだら)との関係が重視され、儒教、仏教はじめ多くの大陸文化がもたらされた。

(さらに…)

”渡り鳥”の天国・日本も鳥インフルに警戒を  古澤襄

土曜日, 4月 20th, 2013

テレビで間抜けな解説者が「”渡り鳥”がシベリアから飛来する”冬”が鳥インフルエンザウイルスの危険な時期」と言っていた。オオハクチョウなどの”渡り鳥”がシベリアを目指して飛び立ったのだから、いまは心配ないと物知り顔で解説していた。

(さらに…)

日中友好論者と日露友好論者  古澤襄

月曜日, 2月 25th, 2013

日中友好論者が先を争って日露友好論者に看板を塗り替えようとしていると言ったら言い過ぎだろうか。田中角栄の全盛時代に福田赳夫は日ソに目を向けていた。日中に対抗するするために日ソというわけで、シベリア開発に関心を持つ財界人と頻繁に勉強会を持っていた。

(さらに…)

中嶋嶺雄氏が指摘した「日中友好」の浮薄   古森義久

月曜日, 2月 25th, 2013

このほど急逝した中嶋嶺雄氏は中国研究では実に貴重な実績を残していました。

いまから30年以上も前、「同文同種」「一衣帯水」というような言葉に魔笛の音に踊らされ、「日中友好!」を叫んだ日本の各界にあって、中国独裁政権の本質を冷徹にみすえていた孤高の識者が中嶋氏でした。

(さらに…)

七言古詩「「垓下の歌」と英雄・項羽  古沢襄

日曜日, 2月 26th, 2012

「時をこえるうた 漢詩」(国土社)に有名な「垓下(がいか)の歌」が収録されている。

漢詩を横書きするのは、気がすすまないが、漢の司馬遷(しばせん)の「史記」「項羽本紀」にある「垓下の歌」をまず漢文で詠んでみる。

(さらに…)

辛亥革命の武昌蜂起から100周年  古沢襄

火曜日, 10月 11th, 2011

中国近代史を学んだ者にとって10月10日は記憶される日である。1911年のこの日に中国・武漢の武昌で起きた武装蜂起をきっかけにして清朝を倒し、中華民国を建国する革命が起こった。「辛亥革命」・・・日本の明治維新に比すべき中国近代化の歴史的事件なのだが、1912年1月1日、南京に中華民国臨時政府が成立、孫文が臨時大総統に選ばれた。同2月、宣統帝溥儀が退位、清朝が滅んだ。

(さらに…)

日本人の心に内存するもの 加瀬英明

水曜日, 7月 6th, 2011

東日本大震災は、日本国民の精神性がきわめて高いことを、世界へ向って示した。

日本が世界の手本になったと、いってよかった。私はこのような精神をつくってくれた先祖に、あらためて感謝した。

(さらに…)

ツングースの扶余族が大和国家を創った?  古沢襄

月曜日, 5月 2nd, 2011

古代の四世紀は空白だと歴史に関心を持つ人たちはよく言う。北アジア史にしか関心がなかった頃だから聞き流してきた。そんな私をみて「これを読んでみろ」と渡されたのが松本清張氏の「空白の世紀」。だが小説家が書く歴史物なのだから、パラパラとめくって放っておいた。

(さらに…)

対馬国の防人と大族の阿比留姓  古沢襄

木曜日, 4月 28th, 2011

大型連休に入る。もっとも海外はゴーデンウイークではない筈だから、海外ニュースはいつも通り飛び込んでくる。国内の政局の動きは小休止となるのではないか。私にとっては、もっけの幸。日頃、書きかけだった歴史と神話の記事をボチボチ完成させようと思っている。

(さらに…)

聖地・白頭山で噴火があれば北朝鮮政権に甚大な打撃 古沢襄

火曜日, 3月 29th, 2011

ここにきて韓国紙が一斉に北朝鮮の「白頭山」の噴火予測を取り上げている。白頭山は10世紀に過去2000年間で世界最大級とも言われる巨大噴火を起こしたといわれている。その火山灰は偏西風に乗って日本の東北地方にも降り注いだ。

(さらに…)

七十五年目の二月二十六日 古沢襄

日曜日, 2月 20th, 2011

岸内閣の退陣以来、一つの内閣の終焉を数多く見てきたから、菅内閣の末路については、さほど関心を持たない。政権が末路を迎えると側近といわれる人たちは新聞を隠すようになる。忙しい総理のために・・と口実をもうけて差し障りのない切り抜きを作って総理室に届けるのが多くのパターン。

(さらに…)

日本神話は日本文学の祖(おや) 古沢襄

月曜日, 1月 24th, 2011

神武東征(じんむとうせい)は、初代天皇であるカムヤマトイワレビコ(神武天皇)が日向を発ち、大和を征服して橿原宮で即位するまでの日本神話。この中に八咫烏が出てくるが、高句麗の建国神話・三本足のカラスとの類似が指摘されている。

(さらに…)

三本足のカラスの古代神話 古沢襄

月曜日, 1月 24th, 2011

中国や朝鮮などの古代神話に登場する”三足烏(さんそくう)”だが、韓国の朝鮮日報が「韓国文化の中でどのように形成され、時代によってどのような変化を遂げ、現代に至ったか」という美術史を専攻する学者の著作を紹介している。

(さらに…)

楚人・項羽伝説と小沢一郎 古沢襄

日曜日, 1月 23rd, 2011

日曜日なので久しぶりに寝坊をした。愛犬バロンは腹を上にしてイビキをかいている。寝ぼけ眼(まなこ)で昨日の杜父魚ブログ記事のアクセス状況をグーグル検索で調べたら「項羽と虞美人草の伝説」という昨年の元日に書いたエッセイが七〇〇〇本の記事中、二位につけている。

(さらに…)

台湾窮地・中国の横暴を警戒せよ  桜井よしこ

火曜日, 8月 24th, 2010

今から28年前、中国人民解放軍の海軍提督、劉華清が大戦略を立案した。そこには幾段階かの具体的目標が掲げられており、第4段階の目標は2040年までに西太平洋とインド洋から米海軍を排除し、同海域に中国の覇権を確立するというものだ。

(さらに…)

根本博陸軍中将の「義に報いるに義を以てす」 古沢襄

火曜日, 8月 17th, 2010

八月は鎮魂の月である。これを機会に一人の軍人の生涯をフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の全文を引用してみる。根本博(ねもと・ひろし)陸軍中将・・・戦後、いく度か話題になったが、全貌が掴めずに毀誉褒貶の渦のまま忘れ去られてきた。

(さらに…)

平和国家は歴史に名を残さない 古沢襄

木曜日, 5月 27th, 2010

シニカルな言い方をすれば、戦後60年以上も続いた平和の時代は、これが百年続こうと歴史には残らない気がする。言い方が悪いかもしれないが、歴史というのは戦争、争乱、征服、侵略の集大成だといえる。今の様な平和な時代は、後世になってドラマチックな要素に欠けるので、小説やドラマになりくい。

(さらに…)

南船北馬の伝統がいまも深く根付く中国 宮崎正弘

水曜日, 5月 19th, 2010

獄中のホドルコフスキー、釈放求めハンガー・ストライキへ。不正蓄財、脱税、不法送金などプーチンがでっち上げた冤罪。

かつてロシア新興財閥の象徴にしてロシア第二の財閥だったミハイル・ホドルコフスキー(元「ユコス」社長)は03年に突如逮捕されて以来、まだ獄中にある。

(さらに…)

扶余・高句麗・百済と新羅の建国神話 古沢襄

月曜日, 5月 17th, 2010

古代朝鮮の高句麗、新羅、百済三国の歴史は、まだ未解明な部分が多い。ひとつには戦前・戦中の古代朝鮮史の研究が日本人研究者の手に委ねられ、一定の水準を保ちながら、それ以上のものになり得なかった事情がある。

(さらに…)

サソリ王妃に刺されたジンギス汗 古沢襄

土曜日, 5月 15th, 2010

北アジア史に興味があった私は、「蒙古源流」に出てくるグルベルジン・カトウンという美妃の悲話に心を惹かれる。グルベルジン・カトウンは別名でサソリ妃、シルクロードの要衝の地で、交易で栄えた西夏の王妃であった。

(さらに…)

鳩山一郎氏が参拝した「出世明神」と高句麗神話 古沢襄

土曜日, 5月 8th, 2010

参拝すれば総理大臣になれるという「出世明神」が埼玉県日高市新堀にある。鳩山首相の祖父・鳩山一郎氏もこの神社を参拝した後に首相官邸の主になった。歴代の総理大臣では浜口雄幸、若槻禮次郎、斉藤実、小磯国昭、幣原喜重郎氏らが参拝していた。政治家というのは”縁起”を担ぐところがあるらしい。

(さらに…)

中国を正しく知ろう、歴史に学ぼう 加瀬英明

水曜日, 3月 31st, 2010

中国が眩しく輝いているように見える。中国経済が巨大化しているために、東南アジアの国々が中国へ草木のように靡いている。日本でも、小沢一郎与党幹事長が数百人の群臣を率いて、北京へ朝貢したことは記憶に新しい。

(さらに…)

無礼に怒った鎌倉武士の面目 古沢襄

木曜日, 3月 4th, 2010

日本の中世史で興味を惹かれるのは、朝敵・逆賊といわれた足利尊氏が開いた室町幕府である。この時代に中国大陸や朝鮮半島との交流が顕著となって、華麗な室町文化が花開いている。さらには、その前史となる鎌倉幕府とくに北条執権時代が面白い。

(さらに…)

縄文的なものと弥生的なものの二面性 古沢襄

金曜日, 2月 12th, 2010

現代では、松本秀雄氏がGm遺伝子の観点から、日本人の等質性を示す「日本人バイカル湖畔起源説」を提唱しており、また、ヒト白血球型抗原の遺伝子分析により、現代日本人は周辺の韓国人や台湾人よりも等質性が高い民族であるとの報告もある・・・かなり専門的な説明なので、私流に解説すると

(さらに…)