Archive for 7月, 2010

「沢内年代記」を読み解く(二十三)  高橋繁

水曜日, 7月 28th, 2010

文化二年 己卯(ツチノトウ・・・1819年の記録) 
  ☆二朱銀貨来る ☆五人組、組み直し ☆御境奉行・御境古人新町より出る
  ☆新町稲荷堂改築 ☆盛岡城内に光堂建立 ☆牢者解放・追放者所替え
①作柄は上作であった。「下巾本」には「上々作」とある。秋上げ(秋の米価)は当分はよし(妥当な価格であった)。課税割合は安永四年(1775)の元歩より一歩増しとなった。四月閏あり。「下巾本」には「八月閏あり」とあるが「草井沢本」には「四月閏あり」と記録されている。「白木野本」には「閏」についての記録はない。

(さらに…)

「沢内年代記」を読み解く(二十二)  高橋繁

日曜日, 7月 18th, 2010

文化十三年 丙午(ヒノエウマ・・・1816年の記録) 
  ☆苗代に積雪 ☆職人の監察取り上げ ☆代官役所改・修築 ☆桂子沢肝入交代
  ☆秋田米を盛岡に運ぶ ☆二歩金(金貨)沢内に来る?
①作柄は中の上、平年より少し良い出来具合であった。「秋揚げ当分よし」(秋上げは稲作が不良のために米価が上がることである。「当分よし」ということをどのように理解するかが問題である。

(さらに…)

「沢内年代記」を読み解く(二十一)  高橋繁

月曜日, 7月 5th, 2010

文化十一年 甲戌(キノエイヌ・・・1814年の記録)   
☆巣郷本の記録様式変わる ☆作柄凶作 ☆女性は眉毛を剃れ ☆隠し鋳銭座焼かれる ☆下前に隠し鋳銭座立つ
①春雪がたいへん多く降り、四月十日頃まで所々に雪が消えずに残った。旧暦の四月は現在の五月に当たる。「所々に雪がある」というのは家の軒下や日陰だけでなく、田畑の「所々」にも雪が残ったということである。四月十六日天気は良かった。

(さらに…)

和賀の名の由来は鎌倉御家人の和賀氏 古沢襄

土曜日, 7月 3rd, 2010

東北新幹線の北上駅に近づくと和賀川と北上川が見えてくる。雪解けの時期には水量が増して、まさに滔々たる大河の面持ちをみせてくれる。和賀川沿いに奥羽山系に向かうと和賀郡、和賀町、西和賀町と四〇〇年前に滅亡した和賀氏にちなむ名前の地が多い。

(さらに…)