Archive for 8月, 2010

「沢内年代記」を読み解く(二十五)  高橋繁

土曜日, 8月 28th, 2010

文政十年 丁亥(ヒノトイ・・・1827年の記録) 
【巣郷本の記録】
 ☆凶作 ☆獄門首
六月閏あり。作柄は凶作。年貢割合は文政五年(1822)より一歩引きの割合であった。この他に沢内中で百駄、約10.5tの割引があった。この割引高は一石(150㎏)の収穫に対して二升八合、4.2㎏ということになる。他領地の秋田・仙台領からの買い入れ米の値段は一升、1.5g当たり四十五文約1,125円であった。

(さらに…)

台湾窮地・中国の横暴を警戒せよ  桜井よしこ

火曜日, 8月 24th, 2010

今から28年前、中国人民解放軍の海軍提督、劉華清が大戦略を立案した。そこには幾段階かの具体的目標が掲げられており、第4段階の目標は2040年までに西太平洋とインド洋から米海軍を排除し、同海域に中国の覇権を確立するというものだ。

(さらに…)

一九四四、五年の冬将軍 古沢襄

月曜日, 8月 23rd, 2010

ロシアの沿海州、シベリアの各都市には、二度行ってきたが、どの都市にも赤の広場があってレーニン像や戦車が飾れている。高いモニュメントがあって、大祖国戦争の戦死者の名を刻んだ大きな碑も立っている。その数を合わせると対日戦で、日本軍よりも多くの戦死者を出したことなる。

(さらに…)

最後の殿様の「最期」:徳川慶喜 平井修一

日曜日, 8月 22nd, 2010

<武家政権最後の征夷大将軍。明治2(1869)年9月、戊辰戦争の終結を受けて謹慎を解除され、引き続き、駿府改め静岡に居住した。政治的野心は全く持たず、写真、狩猟、投網、囲碁、謡曲など趣味に没頭する生活をおくり、「ケイキ様」と呼ばれて静岡の人々から親しまれた。

(さらに…)

「沢内年代記」を読み解く(二十四)  高橋繁

木曜日, 8月 19th, 2010

文政五年 壬午(ミズノエウマ・・・1822年の記録) 
【巣郷本の記録】
    ☆大日照り ☆百姓百五十人陳情 ☆徒党の頭牢屋へ ☆喜左エ門逃げ去る
    ☆新銭交換 ☆碧祥寺御堂建立

(さらに…)

根本博陸軍中将の「義に報いるに義を以てす」 古沢襄

火曜日, 8月 17th, 2010

八月は鎮魂の月である。これを機会に一人の軍人の生涯をフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の全文を引用してみる。根本博(ねもと・ひろし)陸軍中将・・・戦後、いく度か話題になったが、全貌が掴めずに毀誉褒貶の渦のまま忘れ去られてきた。

(さらに…)

65年目の敗戦の日 古沢襄

火曜日, 8月 10th, 2010

敗戦の日がやってくる。1945年8月15日を長野県上田市郊外の小さな村で迎えた。この村に漫画家の横山隆一さん一家も疎開していた。玉音放送があるというので、母と私はその時間にラジオをつけて聞いたが、雑音が多くてよく聞き取れなかった。横山隆一さんの長女の方が、遊びにきたので、小学校にも入っていない彼女を連れて、近くの川にカジカ突きに出掛けた。8月15日の記憶はそれしか残っていない。

(さらに…)

悲劇の水戸天狗党 平井修一

日曜日, 8月 8th, 2010

イデオロギーに取りつかれるとろくでもないことになる。現実を「見ない」「見られない」「見たくない」から、現実から完璧に遊離した「夢想」が信者のすべてを牛耳ってしまうのだ。文字通りの自縄自縛。

(さらに…)