Archive for 1月, 2011

安倍宗任より四十一代末裔の安倍晋太郎 古沢襄

火曜日, 1月 25th, 2011

何年か前に安倍晋太郎氏が北の王者・安倍一族の末裔だと書いたことがある。グーグル検索で「安倍晋太郎」と入れると安倍家の系譜にそのことが出ていた。晋太郎氏は元毎日新聞の政治記者、共同の清水二三夫氏、日経の大日向一郎氏と親しい仲であった。大日向氏には「岸政権・一二四一日」の著書がある。

(さらに…)

イスラエルの英雄・ハンナの生涯 古沢襄

火曜日, 1月 25th, 2011

西村眞悟氏の文章に触れるまで、第二次世界大戦でナチス・ドイツと戦い、22歳の若さで散ったユダヤ人女性レジスタンス・ハンナ・セネシュのことを知らなかった。1988年に米国でメナヘム・ゴーラン監督のもとで映画化されていた。 原題は「Hanna’s War」。

(さらに…)

根雪が積もる東北からの便り 高橋繁

火曜日, 1月 25th, 2011

昨年は政権後退の様相をよくよく見せつけられ、読ませていただきました。暮れの通信では西村慎悟氏の「忘れ得ぬ言葉よ」古澤先生の「日本政治は世界政治のローカル」「トイレの神様を聞く」が心に染みました。

(さらに…)

「沢内年代記」を読み解く(三十四)  高橋繁

火曜日, 1月 25th, 2011

明治六年 癸酉(ミズノトトリ・・・1873年の記録)
【巣郷本の記録】
酉より(この年より)地券さらにお調べ始まった。(明治五年の地租改正に伴い、政府が土地所有者を確認調査をする必要があった。この調査によって土地所有者に土地所有権を証明した証券を与えた。この券記載の
地価に基づき地租が賦課された。)

(さらに…)

日本神話は日本文学の祖(おや) 古沢襄

月曜日, 1月 24th, 2011

神武東征(じんむとうせい)は、初代天皇であるカムヤマトイワレビコ(神武天皇)が日向を発ち、大和を征服して橿原宮で即位するまでの日本神話。この中に八咫烏が出てくるが、高句麗の建国神話・三本足のカラスとの類似が指摘されている。

(さらに…)

三本足のカラスの古代神話 古沢襄

月曜日, 1月 24th, 2011

中国や朝鮮などの古代神話に登場する”三足烏(さんそくう)”だが、韓国の朝鮮日報が「韓国文化の中でどのように形成され、時代によってどのような変化を遂げ、現代に至ったか」という美術史を専攻する学者の著作を紹介している。

(さらに…)

愛日小学校の大先輩だった大島浩 古沢襄

月曜日, 1月 24th, 2011

大島浩(おおしま・ひろし 1886年4月19日 – 1975年6月6日)と言っても知る人は少ない。元陸軍中将、アドルフ・ヒトラーの信頼を得た駐ドイツ特命全権大使、戦後、極東国際軍事裁判ではA級戦犯として終身刑の判決を受けたが、昭和30年(1955)に仮釈放されて、昭和50年(1975)に89歳で亡くなっている。

(さらに…)

楚人・項羽伝説と小沢一郎 古沢襄

日曜日, 1月 23rd, 2011

日曜日なので久しぶりに寝坊をした。愛犬バロンは腹を上にしてイビキをかいている。寝ぼけ眼(まなこ)で昨日の杜父魚ブログ記事のアクセス状況をグーグル検索で調べたら「項羽と虞美人草の伝説」という昨年の元日に書いたエッセイが七〇〇〇本の記事中、二位につけている。

(さらに…)

政治主導の「脱官僚」は行き過ぎがあった? 古沢襄

土曜日, 1月 22nd, 2011

菅首相は民主党政権の脱官僚路線について「行き過ぎがあった」と反省の弁を述べた。このところ菅政権は自民党政権かと見間違うくらいの政策変更が次々と打ち出されている。

(さらに…)

書評 『評伝 若泉敬――愛国の密使』 宮崎正弘

土曜日, 1月 22nd, 2011

「現代の橋本左内」と機密漏洩テロリストを一緒には論じられない。若泉敬の愛国が蘇る力作、その保守思想家にして行動者への思い入れ。

<<森田吉彦『評伝 若泉敬――愛国の密使』(文春新書)>>
若泉敬――懐かしい名前である。「愛国の密使」という副題もなかなか考え抜かれている、と思った。沖縄返還の密使として日本外交の舞台裏で大活躍した若泉は、国士でもあり、伝統保守主義でありながら、歴史家アーノルド・トインビーの文明論にも惹かれ、国際的な視野にたって、外交安全保障分野では数々の論文を書き残した。若き頃から『中央公論』などで大活躍だった。

(さらに…)

ヒトラー礼賛論者だった大島大使 古沢襄

土曜日, 1月 22nd, 2011

英米と決別してナチス・ドイツと同盟関係を結んだ戦前の日本の歴史については、多くの研究書が著されているので、私が駄文を連ねる必要がない。戦後、平凡社の歴史事典編集部でアルバイトの原稿取りを二年ほどやったことがある。

(さらに…)

尼将軍の一言で七百年の武家・封建政治 古沢襄

木曜日, 1月 6th, 2011

正月の台風一過、わが家は五日から老夫婦と犬一匹の生活に戻った。十六畳のリビングが急に広くなった感じがする。庭に面した日当たりのいい所にソファーが置いてある。十五年以上も使っているので、買い代えた方がいいのだが、チロ、バロン一世、バロン二世が使うソファーなので、そのままにしてある。

(さらに…)