Archive for 10月, 2013

ロシア原油の輸入で遅れをとる日本   古澤襄

木曜日, 10月 31st, 2013

「シベリア・タイシェットと太平洋パイプライン」がトップ記事で読まれている。最近の太平洋パイプラインのことを記事化したものではない。過去形の記事が何故、読者の関心を呼んでいるのだろうか。

(さらに…)

シベリア・タイシェットと太平洋パイプライン   古澤襄

木曜日, 10月 31st, 2013

安倍晋三首相が来年2月のロシア・ソチ冬季五輪大会に合わせて訪露し、プーチン大統領と首脳会談を行う方向で最終調整に入ったという。

首相訪ロによって日ロ間の最大課題である北方領土問題が一気に解決する状況にはなっていないが、良好な日ロ関係を背景にして日ロ平和条約の締結に向け首脳間の話し合いをして欲しい。

(さらに…)

三春・秋田氏と秋田・佐竹氏   古澤襄

火曜日, 10月 15th, 2013

秋田北部に支配権を確立した安東・秋田家だったが、慶長五年(1600)の関ヶ原の合戦後、家康の命によって秋田実季が出羽窪田五万石から常陸国宍戸(茨城県西茨城郡友部)五万石に国替えとなった。

(さらに…)

戦国大名・秋田氏への道程  古澤襄

日曜日, 10月 13th, 2013

名家といわれる家系をみていると、必ずといっていいほど内紛が起こっている。本来なら正流の総本家を支える分家の構造によって名家の結束が保たれるのだが、ある代になって総本家の嗣子がなくなる。娘がいれば養子をとって正流の地位を保つが、男子も女子もいなければ両養子をとらざるを得ない。

(さらに…)

津軽にあった安倍高星丸系と叔父の安倍則任系   古澤襄

日曜日, 10月 13th, 2013

「秋田家系図」では、安東堯恒から五十年余りは空白となっているが、安東太郎堯秀の頃、藤崎から移り、さらに孫の安東太郎愛秀の時に十三湊に移住して城を構えた記述がある。このあたりは諸説があって定まっていない・・・と述べた。

(さらに…)

”秋田”は奈良時代から使われていた   古澤襄

月曜日, 10月 7th, 2013

秋田のことは資料を持っているので、追々書くつもりだと言ったが「急増した秋田県の読者」を掲載したら何と四位で読まれている。”追々”どころではない・・・何か書かねばならぬ。

(さらに…)

隘路に迷い込んだ朴槿恵大統領   古澤襄

月曜日, 10月 7th, 2013

七年前に朴槿恵氏のことを書いたことがある。いずれ韓国の女性・初代大統領になると予見したからである。反日の盧武鉉大統領に比して朴槿恵は反日色が薄かった。

(さらに…)

失意のドン底にあった牛若丸と飯を食った  古澤襄

日曜日, 10月 6th, 2013

10年ほど前の裏話になるが、失意のドン底にあった”政界の牛若丸”・山口敏夫元労相と那須の片田舎で飯を食ったことがある。

ミッチーの従弟の渡辺幸雄さんに誘われて牛若丸と会った。牛若丸と佳子夫人、支持者が神妙な顔をして待っていた。私には失意の人と会う癖がある。牛若丸は安倍晋太郎氏のシンパだと聞いていたので、会ってみたいと思った。

(さらに…)

歴史が示す空母建艦競争の愚かさ 古澤襄

土曜日, 10月 5th, 2013

世界はかつて海軍力の増強、建艦競争に狂奔した時代がある。第一次世界大戦がドイツの敗北で終結し、世界に平和が訪れると思ったのもつかの間、アメリカは超弩級戦艦16隻の建造計画に着手した。

(さらに…)