Archive for 1月, 2014

歴史の勝利者の足跡は残され、脚色された   古沢襄

月曜日, 1月 20th, 2014

「家康に消された戦国大名・多賀谷氏の痕跡」と「東北亀田藩で名君を育てた幸村の娘」を読んだ読者から次の様な質問が来ている。

<興味深く読ませていただいています。先の「太閤秀吉が多賀谷に「多賀谷の人数は如何」と下問した時には「五軍合わせて地戦千騎」と答える規模になっている。」旨の情報の出典をご教示いただけませんか。

(さらに…)

出雲神話はスサノオを祖とした王家の物語   古沢襄

火曜日, 1月 7th, 2014

古代出雲は謎に包まれている。戦後、歴史学会が唯物史観に染まった頃は、出雲神話を研究する歴史学徒はいなかった。古事記ですら”偽書”と切り捨てられた。

(さらに…)

日本の霊性の根幹には天皇がある    古沢襄

日曜日, 1月 5th, 2014

フランスのアンドレ・マルローは「二十一世紀は霊性の時代となるであろう」と言っている。

マルローは日本贔屓といわれたが、日本文化の根底にある「無常(precaire)」がわかるフランス人だった。戦後日本人よりも、もっと日本人らしいフランス知識人だったともいえる。

(さらに…)

三島由紀夫とアニミズム   古沢襄

日曜日, 1月 5th, 2014

正月早々に三島由紀夫がノーベル文学賞の候補になっていたことが話題になっている。これは一九六三年のことだが、その五年後に川端康成が日本人初のノーベル文学賞を受賞した。

(さらに…)

古代朝鮮の統一王朝は新羅なのか   古沢襄

金曜日, 1月 3rd, 2014

韓国の歴史学会は古代朝鮮の統一王朝は新羅だとしている。ところが高句麗の末裔をもって任じている北朝鮮は高句麗・高麗国が最初の統一王朝だと主張して譲らない。

(さらに…)

「日本的なもの」の再認識は当然の帰結  古沢襄

水曜日, 1月 1st, 2014

日本人が2000年の歴史を持つ伝統文化に回帰するのは単なる懐古主義ではないし、偏狭なナショナリズムでもない。

敗戦で失われた「日本的なもの」を再認識しているのは当然のことである。

(さらに…)