Archive for 12月, 2014

佳子さま 20歳の誕生日     古澤襄

火曜日, 12月 30th, 2014

気品のある成年皇族の誕生で日本社会に与える影響が少なからずある様に思う。しかも自分の思うことをはっきりと言う若き佳子さまには誰もが好感を覚えたのではないか。

(さらに…)

書評 『愛される日本』    宮崎正弘

火曜日, 12月 30th, 2014

■なぜこれらの国々はかくも親日なのか 元大使がかたるインドやタイやトルコ、ミャンマーの日本への篤い思い
   
<日本戦略研究フォーラム編『愛される日本』(ワニブックス)>

(さらに…)

断層型「真昼大地震」の夢をみる    古澤襄

火曜日, 12月 23rd, 2014

あと10日でお正月、新しい年を迎える。夜中に目が覚めた。災害列島・日本で一番怖いのは津波被害である。だが夢の中で出てきたのは大地震。それも断層型の「真昼大地震」。

(さらに…)

陸羽大地震と為田文太郎     古澤襄

土曜日, 12月 20th, 2014

明治29年(1896)8月31日、東北の真昼山地を震源とする大地震が発生した。陸羽大地震である。

真昼山地の地下4キロを震源とするこの地震で岩手県側に川舟断層、秋田県側に千屋断層の二大断層が出現し、秋田県側の死傷者二〇五人、重軽傷者七三六人、家屋の全壊消失四三〇〇件。一方、震源地に近い岩手県の西和賀地域は家屋の全壊が三一〇件と比較的被害が少なかった。

(さらに…)

震度6弱以上の発生確率、関東上昇…横浜78%    古澤襄

金曜日, 12月 19th, 2014

政府の地震調査委員会は19日、今後30年以内に震度6弱以上の揺れが起きる確率の分布を示した2014年版「全国地震動予測地図」を公表した。

(さらに…)

断層が動く地震で日本最大の大断層系・中央構造線  古澤襄

金曜日, 12月 19th, 2014

先月22日の長野県北部を震源とする地震で断層系と地震の因果関係をあらためて知った。専門家は糸魚川静岡構造線(糸静線)の北部で断層が動いたと指摘している。

(さらに…)