Archive for 7月, 2015

異民族が支那本土を支配したのは元王朝と清王朝   古沢襄

日曜日, 7月 19th, 2015

北アジアの異民族が万里の長城を越えて漢民族を蹴散らし、支那本土を支配したのは元王朝と清王朝の二例であろう。

元王朝について言えば、少数の蒙古族が圧倒的多数の漢民族を支配できたのは武力だけではない。巧みな民族分断の支配政治を行っている。

(さらに…)

支那シリーズ 支那三十都市からアクセス   古沢襄

金曜日, 7月 17th, 2015

支那シリーズを書きだしたら、支那三十都市からアクセスしてきた。七月十四日のブログ・トップ10で私の「①漢の皇帝劉邦が怖れた北アジアの匈奴 古沢襄」がトップで読まれている。

(さらに…)

漢の皇帝劉邦が怖れた北アジアの匈奴   古沢襄

火曜日, 7月 14th, 2015

日本ではモンゴル帝国のジンギス汗のことは、よく知られているが、漢王朝を震撼させた匈奴の冒頓単于のことは、ほとんど知られていない。

紀元前200年のことだが、北方の匈奴は丁零、高車など北アジアのトルコ系遊牧国家を服属させて、南の太原に侵入してきた。

(さらに…)

古代トルコ民族に伝わる「狼祖神話」  古沢襄

火曜日, 7月 14th, 2015

支那上古史を惹かれて黄河流域の漢民族について考えているうちに、その黄河流域を取り囲む周辺にオリエント文明の影響を受けた古代トルコ民族の末裔が作った国家群があったことを知った。

(さらに…)

漢字の起源を探る 黄河流域の漢民族文化   古沢襄

月曜日, 7月 13th, 2015

古代文明は文字の使用によって歴史が伝えられ、王朝の栄枯盛衰を知ることができる。支那上古史で考古学的に実在が確認されている中国最古の王朝を「殷(いん)」といったが、漢字が系統的な文字になるのは、紀元前16世紀の殷(商)の時代だといわれる。

(さらに…)

支那共産党には興味がないが、黄河古伝説には惹かれる   古沢襄

日曜日, 7月 12th, 2015

私が専攻したのは、清朝末期の支那社会と山東省に入ったドイツ人宣教師の虐殺という特殊なテーマだった。

何でこんな特殊なテーマにとりつかれたか?といえば、それなりの理由がある。このテーマで83歳になった今ででも関連資料の山を読んでは一人で楽しんでいる。

(さらに…)

中国の「犬肉祭り」に思うこと   古沢襄

金曜日, 7月 3rd, 2015

■ロイター・コラムでKim Kyung-Hoon氏が伝えた中国玉林市の犬肉レストラン

[玉林(中国)25日 ロイター]ハンマーで殴られて気絶させられ、絞め殺される犬たち。その後、丸焼きにされ、吊るされた状態で店頭などに並ぶ。この光景は、中国南部の広西チワン族自治区玉林市では、夏の「風物詩」となっている。

(さらに…)